橋本病と生きています

2016年3月3日「橋本病(慢性甲状腺炎)」判明。診断されるまでの身体の状態とその後の生活を綴っています。橋本病と共存しながら生きています。

地獄を見た2週間

前回更新から約2週間。
体調悪化の為ず~っと自宅で寝たり起きたりの生活が続いてました。
9月3日に病院へ行ってから体調が良くなるどころかどんどん悪化。
心拍数の増加と胸の痛みがひどくなり本日ついに呼吸困難に陥り救急で病院へ。
そして原因が判明。
実は前回診察時に処方されていた降圧剤「テノーミン」が原因で喘息発症、徐脈になっていた事に気が付かずそのまま飲み続けて今回のような事に。
知らずに飲み続けていたら心不全になる可能性もあったとか…怖い!!!
私が喘息を持っている事は主治医も知っていると思っていたのですがなぜこんな事に???
そして血圧が高い原因も「高血圧症」的なものとは違い自律神経が関係している事もわかりました。なぜわかったかと言いますと、前回診察時に渡された「血圧手帳」に毎日朝晩記帳していたのですが、血圧の数値にばらつきがあったんです。低い時は上114下72とかなのに高い時は上180下96という時もあって安定してなかったんです。で、本日来院時に測った数値と帰り際に測った数値にも大きな差が…
そんな感じで降圧剤服用は中止となり、変わりに自律神経調整薬「グランダキシン錠50/1錠(1日2回)」、気管支拡張剤「ホクナリンテープ2mg」を処方してもらいました。


↓こちらがホクナリンテープ2mg


胸のちょい上あたりにペタっと貼るだけで気管支が広がるというテープ式の薬剤。
これがすんごい効き目で胸の痛みがあっと言う間になくなりました!
粘着力もすごいです。
昔、喘息で気管が苦しくなった時は吸入式の気管支拡張剤を使っていたのですがその時はこんなのなかったような…あったのかな?


とりあえず今はとても気分がいいです。
この2週間毎日苦しんでたのが嘘のようです。


薬って用法を間違えるとホントに怖いという事を実感しました。
てか主治医大丈夫か???(不安だ…w)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。